奈良奥山ドライブウェイ

f:id:route99:20171202213233j:plain
日本百名道である信貴生駒スカイラインに行ってみたところ、なんと土砂崩れで通行止め。
近くでいい道はないものかとgoogle mapを見ながら悩んでいたところ
近くにあったいい感じのくねくね道が、奈良奥山ドライブウェイ。

奈良奥山ドライブウェイを若草山側から入り、結構な急勾配をぐんぐん登ると
10分足らずであろうか、若草山山頂の駐車場へと到着。

丁度日が沈む頃であった。駐車場からすぐ着く山頂から見えたのは、
奈良の街並みを一望するパノラマ風景であった。

静寂の中だからこそ、街の生活音やネオンサインが映える。
救急車のサイレン、人の叫び…

冬の澄んだ空気の中で、山に囲まれた範囲隅々と見渡せる若草山から見る
奈良の景色は、不思議と大和の国から伝わる歴史を感じさせた。
奈良の夜も賑やかそうだ。昔の人にとっても今の人にとっても、
夜が単なる一日の終わりではなく、楽しみしていた時間の始まりだろう。

大阪という街

f:id:route99:20171130001928j:plain
大阪という街のパワーは凄い。
同じだけの人数が集まった時、ただ人が多い、「人混み」という形容では
到底言い表せない活気と元気を感じた。

ミナミとキタ、よくわからない。道ではなく筋、よくわからない。
お好み焼きが美味しい。二度漬け禁止にひたすらこだわる串カツ屋。
ゆるキャラではなく宇宙人のようなマスコットキャラ。

ここに住んでいる人にとっては当たり前のことなんだろうが、
自分にとっては、日本とはちょっと別の空間に紛れ込んだような
味のある街だった。

Grand Canyon

f:id:route99:20171023235800j:plain
Grand Canyonの魅力といえばなんだろうか。
圧倒的な自然のスケール。悠久の時を感じさせる大地の変遷。
Grand Canyonに限ったことではないけれど、
そこにあるものに時を忘れて思いを馳せることができるような場所で
自然と一体になったような、時を超越したかのような気分になる。

また、あの時、あの場所に行ってみたい。

雲海と富士山

f:id:route99:20171014114249j:plain
南アルプス北岳に登頂したとき、雲海に望む富士山を見た。

日本一の山は皆当然のように富士山というが、二番目はあまり知られていない。
そんな二番目に高い北岳に登頂した。
名前も無個性のように単純だが、歴史のある山は大抵単純な名前なのだ。
昔の人は名前を個性的にすることではなく、
シンプルで短くありのままにすることが心に残るという美的感覚を持っていたのではなかろうか。

3000m級の山を登るということは、森林限界を超え、低層雲を超えることであって、
そこには荒涼とした岩稜と雲海が聳え立つ別世界なのだ。
北岳から南を見た景色は、やはり3000mを超えた富士山しかなかった。

そんな非日常を味わいたくて、また週末をつぶして登山に旅立つのだ。

夢ヶ崎

f:id:route99:20171001223220j:plain山口県にある角島の最端。
延々と走り続け、日が沈むころに着いた角島。
その端にあるの夢ヶ崎に着いた頃には既に日が沈みかけていた。

夕日を見るため、日が沈むのを沢山の人が待っていた。
私も何をするわけでもなく、じっと夕日が水平線に沈むのを待っていた。
光と影が反転するかのような狭間の日没の時間。

もう一日が終わる…ことは寂しいことではない。
なんのことはない、日が沈むと夜が始まるのだ。