清流サルスベリ街道

f:id:route99:20161019000851j:plain
岐阜県道・三重県道23号北方多度線の別名、清流サルスベリ街道。
木曽三川の一つ、長良川に沿った見晴らしのいい清々しい道だ。
川沿いを延々と走っていて、のんびりと、どこまでも走りたくなる。
長良川沿いが終わるころには、揖斐川沿いに乗り換えて走れば(北上する場合)
さらに川沿いを走ることができる。

岐阜の道はせせらぎ街道といい、ツーリング欲を刺激するネーミングセンスがある。
サルスベリ街道とはなんぞや?岐阜といえばのサルボボも滑る街道でしょうか?
百日紅」と書いてサルスベリと読む花もあるんですね。
今度走るときは、百日紅が咲いているか見てみよう。

首都高速湾岸線

f:id:route99:20161010041837j:plain
どんよりした曇り空というと、漠然と暗い意識が湧いてくるが、
空のキャンバスに雲が描かれていると思うと、飽きさせない。
不透明雲の隙間から射す太陽の光が、雲の陰影を浮き立たせて
やっぱり雨が降りそうとか思いながら、道を進んでいた。

竹林の小径

f:id:route99:20160920001734j:plain
もう9月も終盤に近付きつつあるが、熱さはもう少し続きそうだ。
雨の多いこの季節だからかもしれないが、京都に行って感じるのはじっとりとした湿度。
あえて実際に京都の湿度が高いのかどうかは調べない。
なんとなくじっとりと感じる京都と、その気候と向き合う風情が好きなのだ。

f:id:route99:20160920002749j:plain
竹林の小径に入ると、熱さが和らぐ。
木漏れ日が眩しい。
心が落ち着く。

迫りくる砂壁

f:id:route99:20160913233704j:plain
鳥取砂丘に初めて行った。
海と、空と、砂丘と、ぼんやり眺めて時間を過ごした。
壁のような砂丘に飲まれる思いで…

江島大橋 べた踏み坂

f:id:route99:20160904232607j:plain
島根と鳥取を結ぶ江島大橋に行った。
実際に見ても中々ない勾配だった。島根県側からで7%だそうです。

f:id:route99:20160904233958j:plain

橋の上から島根側を望む。
急な勾配ばかりに注目されがちだけれど、橋から見える景色も爽やか瑞々しく
心癒された。風が吹いてくるのも気持ち良い。
山陰の静かな景色に心安らぐ。出雲の国、雲がよく似合う。
f:id:route99:20160904233953j:plain
鳥取側から島根側に渡った。勾配のある橋を登り切って、向かい側・島根の中海が
見えてきた時の景色の移り変わりも良かった。